鈴鹿コース2番ホール

左右グリーン、いずれの場合でも池越えになるショートホール。

箱庭を思わせる造形美は十分に楽しむことができます。

風が吹くと距離感が難しくなります。