鈴鹿コース6番ホール

障害物もほとんどありません。

距離感を正確につかむことがポイントとなります。

左のクロスバンカーを避けて右サイドから攻めるのがベストです。